TAKUの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀田興毅、復帰戦は予定通りの勝利(観客ガラガラ(笑))

<<   作成日時 : 2008/03/22 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

興毅×フローレスの試合は10R判定で興毅が勝った。

興毅はともかく、いつものように対戦相手に注目したんだが・・・
やっぱりというかなんというか。
興毅の体格で押し込める、パンチ力の無いいつもと同じような選手。
パンチを置きにいっているし、本気で攻めていないところをみると事前に調整済みだろう。
これが本当の実力だとしたら、世界2位の選手じゃないよね。
ある程度実力のある日本人選手だったらみんな勝てる。
それにしてもよくこんな選手探してくるよなあ(苦笑)

興毅のパンチ力の軽さは相変わらずで終始単調な攻め。
いくら一応世界ランカーの肩書きの付いている相手と試合しても、これじゃ評価は変わらないだろう。

それにしても試合会場はガラガラ。
これが亀田一家凋落の象徴といったところか。
以前のような注目を取り戻すには、もう内藤との試合しかないだろう。
亀田一家との試合で内藤は注目を浴びたわけだが、その亀田一家が今度は内藤に助けてもらわなければならない。
可哀想という感じもするがこれが現実か(笑)

つまらない試合内容。
おまけに一般の人達も騙されないぞと思うようになったのか、賢くなってきて実力も見切られている感じ。
これじゃファンも増えませんな。
TBSがいくら宣伝しても盛り上がりそうにない(笑)

TBSが興毅を支持し続けても、視聴者との温度差は広がる一方だろう。
だから再び注目されるようにするには、内藤を含めた強豪との試合しかない。

問題はTBSと協栄と親父にその勝負ができるかどうかだ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あー、ヘンな試合が実力なのだから
浪速の闘拳、 ...続きを見る
トイレの中で読むNEWSにひとこと
2008/03/22 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ひどい試合だったな…。
よくもまあこんな試合ができるもんだな。
別の意味で感動したよw
じゅん
2008/03/22 18:41
TAKUさん、こんばんわ。
興毅のヘッポコ試合なんてリアルタイムで見る気ゼロなんで、とりあえずDVDに録画して、ついさっき1Rまで見ました。ほんで、あまりにツマランので、TAKUさんにサイトにアクセスしたところ、結果を掲載して頂けていたので、『もー見んとこ〜』って思って、さっきDVDから消去しました(笑)。
一言で言うと、内藤選手の試合とは、月とスッポンですなぁ〜。けど、TAKUさんの仰るとおり、内藤選手をあれだけバカにしておいて、今や立場は逆転・・・。まぁ、天に吐いた唾が己に降りかかっただけで、同情の余地などありませんが・・・。
しかし3分見て理解できるぐらい肝心のボクシングが余りにツマラナイ・・・。TAKUさんの提言どおり、ファンの胸を熱くさせるには、もう1つしかありません。内藤選手かポンサク選手、もしくは強豪ランカーと試合をして半殺しにされることですね。そうすれば興毅もボクシングに見切りをつけれるんじゃないでしょうか(笑)。
まさあき
2008/03/22 18:52
私は見ていないのですが、酷い試合だったようで(苦笑)

充分稼いで一応世界王者になったのだから
もう引退すればいいのにね。


メタル
2008/03/22 20:29
この間の内藤選手や新井田選手の試合に比べたら、
お話にならない内容でしたね。

はっきりいって迫力も無いし、
ただのバカ面。
消えてもらいたいです。
SYO
2008/03/22 20:44
メタルさんと同じく私も見ていないのですが、TAKUさんの
>興毅のパンチ力の軽さは相変わらずで終始単調な攻め。
>試合会場はガラガラ。
>つまらない試合内容。
などから、全く成長していない姿が目に浮かびます。
それでもまた、実況や解説者は興毅を褒めちぎっていたのでしょうね・・・。
yoyo
2008/03/22 20:49
「相手は打たれ強いですね〜。いいパンチ入ってるんですけどね〜。」
最近、亀田の試合で解説者がよく言うセリフ。
「普通だったら倒れてますよ」
今日はこれを言わなかっただけマシか。
孟鈴
2008/03/22 21:04
今回のあざやかな分析を読んですっきり爽快 GJGJGJ
wow
2008/03/22 21:36
世界タイトルマッチでもないのに何故国歌吹奏をするんだよ。しかも、あんな一階級下のヘタレ選手とそれ以上にヘタレの亀駄の試合なんかに。おめえなんか国の名誉背負ってるなんて誰も思ってねえよ、ボケが。
やっぱりコイツら、まだ全然分かってねえようだな。JBCもこんな糞ノンタイトル戦に国歌吹奏するの規則で止めさせろ!
原田会長は能天気な顔してリングサイドに座ってたようだけど。
猫パンチ
2008/03/22 23:05
うれしい、亀田が試合をしてくれた。相手のパンチ力があまりないのと、金ダ(間違い)亀田のワンパターンボクシングテクニックのおかげで、コントを見ているようだった。さすが亀田!ありがとう
私が一つ不思議に思うこと亀田にプライドがないのかな。私だったら試合後あんなコメントできない。
不思議マン
2008/03/22 23:35
確かに、国家吹奏はいらないね!おっしゃる通り しかし、三流の高橋ジョージが歌うよりは、今回のようにメロディーのみのほうがいい。あんなバカが君が代歌うと、安っぽく聴こえるからね。
さとぼう
2008/03/22 23:58
試合は観てませんが、テレビで放映するような選手でもないのに。契約があるとは言え、いつまでTBSも肩を持つんだか。

ネット周遊してみると、オヤジが来てたんですか?
ハットリ
2008/03/23 09:00
しかしTBSも見切ってきてるみたいだよ。土曜の昼間なんて誰も見ない時間にやってたし。(爆)
なんと
2008/03/23 20:43
>なんとさん
いやいや、まだ見切っていませんよ。サンデージャポンやアッコにおまかせではトップで扱ってましたから。時間帯は大毅騒動後ということもあって、ゴールデンでやるのは得策ではないと考えたんでしょう。忘れられないためにサンジャポやアッコでは時々扱うでしょうし、次戦以降はゴールデン復帰と思いますよ。
TAKU
2008/03/23 22:20
遂に私も見ませんでした。
明らかに(自分の中で)トーンダウンしてます。

批判する気も失せるほどの凋落ぶりですね・・・
のり
2008/03/23 23:24
「内藤×ポンサク」戦を手に汗を握りつつテレビで観戦し、ボクシングの醍醐味のような感覚を味わってしまったせいか・・今回の亀1クンの試合、あまりの単調さにため息が出てテンションが急降下してしまった〜〜
大したパンチが当たってもいないのに大騒ぎするアナもいつものお決まりだったけど、今回は亀親父がセコンドにつかないせいで、興毅クンもいつもよりはお行儀良かったし、幸か不幸かパンチに威力が無くてKO出来なかったから、反則をしない時の彼のボクシングスタイルをじっくり見せてもらった。その点は収穫だったので良かったかなww 
ハッキリしたことは、今の亀1クンの実力は内藤選手の足元にも及ばないということ。
だからこそ、次の試合は是非とも日本人ランカーとのカードを組まなければ、視聴者はもう納得しないでしょうね!
内藤選手との試合なんて10年早い!
大人の自覚を持って精進してもらいたい!
もちろん親父抜きじゃなきゃアウトですww
シャボン玉
2008/03/24 00:24
興毅が思ったより強くなかった。
 フライ級の試合って
大毅X内籐戦でも分かったけど、
ランクが違っても
KOするほどの差はないようだ。
最終的には判定で勝負が決まるのなら、
やっぱり格闘技としての魅力には欠けるなあ。
竜二
2008/03/24 10:55
そもそもボクシングは攻撃が頭部に集中するし、ラウンドも長いので格闘技の中でも死亡率が高い。
120年近い歴史の中で100年ほど前に素手での殴りあいからグローブを使うようになり、70年ほど前からラウンド無制限から15ラウンドに、30年ほど前に6オンスから8オンスの厚いグローブに、そして約20年前に15ラウンドから12ラウンドへと安全性が整備されてきたスポーツですから。
輪島さん、ガッツさん、具志堅さんの時代には13ラウンド以降のKOが多かったですね。
ボクシングにとって不運だったのは、辰吉を中心とした90年代ボクシングブームの後に(プロレス衰退とともに)KO至上主義ともいえるK-1や総合が台頭してきた事かもしれませんね。
12ラウンド制が定着してきて、川島のようなKOがなくても認知されるボクサーが登場しただけに惜しい気がします。

KT
2008/03/24 20:02
現代の軽量級ではKOシーンを目にするのは、よほどの実力差がない限りは難しいです。それは亀田兄弟が実証してくれました。
16連続KO記録のミニマム級ローマンゴンザレスなどは特殊な例で、そのゴンザレスですら日本ランク8位の松本に連続KOをストップさせられているわけですから。
僕の場合はボクシングの(特に軽量級)スピード、テクニック、駆け引きを楽しんで見ています。
試合を見ながら自分で採点することもありますが、ラウンドマストシステムについては反対です。ポイントってラウンドごとに振ると試合全体の流れを見誤るんですよね。興毅×ランダエタ@がいい例です。
ところで前々から競馬とか広末の例え話が多い人がいますけど、イマイチ分りづらいと思うのは僕だけでしょうか…

KT
2008/03/24 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
亀田興毅、復帰戦は予定通りの勝利(観客ガラガラ(笑)) TAKUの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる