TAKUの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 不可解な亀田和毅の国内デビュー戦(呆れたJBCの対応・・・)

<<   作成日時 : 2008/12/09 01:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

亀田和、2回KO勝ち=国内デビュー戦飾る
 ボクシング亀田3兄弟の三男、亀田和毅(17)=亀田=が8日、栃木県立県南体育館でバンタム級4回戦に臨み、アドリアン・ラミレス(20)=メキシコ=を2回1分33秒KOで破り、国内プロデビュー戦を飾った。メーンに出場した次男の亀田大毅(19)=亀田=も10回戦(52.5キロ契約)で、元世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級王者のイサック・ブストス(33)=メキシコ=に3回1分32秒、KO勝ちした。
 和毅はメキシコに活動拠点を置くため、「トモキ・エルメヒカニート・カメダ」のリング名で登場。11月21日にメキシコでのプロ初戦をKO勝ちしているためか、緊張も見せず余裕の試合運び。左ジャブからのコンビネーションがさえ、最後は左のダブルを顔面からボディーに打ち込んだ。
 スピードでも圧倒し「おれが強かっただけ。パンチは一発ももらってない」と胸を張った。2人の兄と自身を比較し「今はスピードだけは勝っている。今後は全部上回る」と豪語。
 大毅は、ライセンス停止処分が明けてこの日が復帰第2戦。これまで長男の興毅に見守られてきたが「和毅がKOして兄の重圧を感じた。いい形で勝ってよかった」と苦笑した。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20081208-00000180-jij-spo.html


日本で試合をするには・・・
1.日本でプロテストを受けていること。
2.日本の公式のアマ試合で5勝以上していること。
といったような規定がある。

にもかかわらず、この規定をクリアしていない和毅が日本で試合をしてしまった。

相手や状況によって都合良く方針を変える・・・相変わらずJBCはいい加減だ。
亀田を切り捨てられない事情があるんだろうが、こんなことしてたら権威や信用を失ってそのうちKー1と変わらない存在になってしまうぞ・・・

今回の和毅の相手は3勝(2KO)っていう触れ込みだが実際は2敗1分け。
一方の大毅の相手は2階級下のラッキー王者、試合の方は何故か序盤で決着するいつもの結末。
戦績捏造・元世界王者の肩書き・階級下のパンチ力の無い相手・八百長丸出し・・・懲りもせずにやることはいつも同じだ(笑)

こんな子供だましいつまで続けられると思っているんでしょうねえ・・・
そしてJBCはいつまでこの一家に付き合い続けるつもりなんでしょうねえ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
JBCは一連の亀田騒動から何も学んでいないようですね。恐らく、あの騒動でJBC関係者に何の処分も下っていないのが一因でしょう。

真面目にボクシングに取り組んでいる関係者や、ボクシングファンには大変申し訳ないのですが、ボクシング界は一度、完全に衰退しないと、これまでの過ちに気がつないのではと感じました。
※もう取り返しのつかないところまで落ちていますが・・・。
まさあき
2008/12/09 09:52
まさにTAKUさん,まさあきさんの言うとおりですね。
ただ興行的な事を考えると,この3兄弟はきれないのでしょう。
この3兄弟が行動すれば、何かしら話題になるので。


こーじ
2008/12/09 20:48
もはやJBCはKー1と変わりませんよ。

マスゴミもなぜこんな奴らを未だに持て囃すのかねぇ・・・
メタル
2008/12/09 23:28
ボクシングですよ。
角海老といえばソープランド。
亀田一家といえば暴。
ボクシングもテレビも芸能界も暴。
裏に暴がうろうろしているんでしょう。
そりゃ興行の世界ですから。
世間をなめるのへっちゃらなんでしょ。
でもいい人生の終わり方しないだろうね。
アラー・ヤーン
2008/12/12 23:26
TAKUさんがこの問題を追求し続けることは、
とても意味のあることだと思います。
何故なら世間は忘れやすいし、和毅という新しい駒でごまかされようとしているからです。(このコは本当に強そうだと思う人も多いかも)
本当に強い人がチャンピオンになり、尊敬されるべきなのに、頭の悪い大人によって作られたキャラクターが出来レースで王者となるのは見ていられないですね。
feelgood
2008/12/14 20:14
和毅は既にメキシコでプロとして試合を経験しているので、日本でプロテストの受験の義務は無い。これは以前から例があります。アマ5勝以上というのは、C級ライセンスのテスト免除の条件です。プロの試合経験があれば、その実力を判断したJBCが決断します。相手選手の戦績を考慮してもB級ライセンスは妥当だと思います。また、大毅の試合は確かに子供騙しのような意味合いがあります。ネームバリューを目的としたカードをランクに影響させない事はJBCでも証明済みです。ちなみに出来レースのようなカードは、亀田兄弟に限らず、世界王者の内藤を始め、世界戦線にいる8割以上のボクサーが経験しています。
ネイキッド デザイア
2008/12/25 09:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
不可解な亀田和毅の国内デビュー戦(呆れたJBCの対応・・・) TAKUの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる