TAKUの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 長谷川穂積が初防衛に失敗(フェザー級では無理なのか・・・)

<<   作成日時 : 2011/04/08 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

長谷川、初防衛に失敗=西岡、粟生は快勝−WBCトリプル戦

 世界ボクシング評議会(WBC)のトリプルタイトルマッチ12回戦は8日、神戸ワールド記念ホールで行われ、フェザー級はチャンピオンの長谷川穂積(真正)が同級1位のジョニー・ゴンサレス(メキシコ)に4回58秒TKOで敗れ、初防衛に失敗した。長谷川は顔面に強烈な右フックを受けて倒れた。戦績は長谷川が29勝(12KO)4敗、ゴンサレスは48勝(42KO)7敗。
 スーパーバンタム級は、西岡利晃(帝拳)が同級6位のマウリシオ・ムニョス(アルゼンチン)に9回3分7秒KO勝ちし、6度目の防衛に成功。左強打で倒した。戦績は西岡が38勝(24KO)4敗3分け、ムニョスは21勝(9KO)3敗。
 スーパーフェザー級は、粟生隆寛(帝拳)が元同級暫定王者でランキング3位のウンベルト・グティエレス(メキシコ)を4回1分6秒KOで下し初防衛。粟生の右ボディーが決まった。戦績は粟生が21勝(10KO)2敗1分けで、グティエレスは28勝(20KO)3敗1分け。日本ジム所属の世界王者は6人になった。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20110408-00000180-jij-spo.html


今さっき仕事から帰ってきて長谷川穂積の敗北を知った。


う〜ん、正直この階級では難しいんじゃないかと思ってしまった。

西岡と粟生が防衛したのは嬉しいんだけど、気持ち的には長谷川の敗北のショックがそれを上回っている。

録画してあるのでこれから見るつもりなんだけど、何だか見るのが辛いなぁ・・・


みなさんは今日の3試合をどう思いましたか?

コメント待っています。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パンチを科学したアメリカ番組が面白い!!
WBC世界フェザー級タイトルマッチ、最強長谷川穂積さんがまさかの敗退です。 ...続きを見る
ガタガタニュース
2011/04/09 02:04
パンチを科学したアメリカ番組が面白い!!
WBC世界フェザー級タイトルマッチ、最強長谷川穂積さんがまさかの敗退です。 ...続きを見る
ガタガタニュース
2011/04/09 10:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
長谷川は前回から完全にスタイルを変えてますね、
フェザーだと今までみたいなテクニックのあるボクシングはできないんでしょうか・・・?
1Rから思いっきり殴りあっちゃった感じですね。
殴り合って完全にパワー負けしてダウンして、試合止められた感じです。
KK
2011/04/08 23:35
ジョニゴンは懐が深いので打ち合わないとパンチが当たる気がしなかったんじゃないかな。
しかし階級云々もだけどバンタムで防衛を重ねてる時から指摘されてた、
打ち終わりや距離をとる時等要所要所で下がる右ガードの悪癖が直らない。
モンティエイルが指摘してたダッキングのタイミングと方向の癖も直らない。
世界の一線をしる相手と試合するとどうしても、その致命的な弱点を突かれてしまうようですね。
(ジム繋がりを無視したとして)仮に階級を落としても、やはりモンティエイルやジョニゴンクラスが相手になると癖を突かれる展開になるでしょうから、
なかなか厳しいかもしれない。

ただ長谷川選手は日本人では久しぶりにベガスやNYで試合する権利があるかもしれないと思えた王者でした。
(ベガスやプエルトリカンの強豪が集まるNYでは4台団体世界王者の肩書きが名刺代わりにもならないよう
な別世界の化け物が揃うボクシングがあります。このフェザー級でも圧倒的と言われる選手が複数おり、そこを主戦場にしてる)
もしも、これで引退したとしても日本のファンに夢を見させてくれた輝かしい実績は我々の記憶に残ります
ポポる
2011/04/09 00:00
長谷川、残念でしたね。
なんというか、これから長谷川は再起するかもしれないけど、僕としては一つの時代が終わったような気がするなあ・・・
黄金のバンタムで本当に強く光輝いていた長谷川・・・今はゆっくり休んで欲しいです。でもなんとなくまだ長谷川に期待してる。再起戦は亀田とお願いします!
オージーコ・ス・パ
2011/04/09 01:12
粟生変わりましたね。タイベルト戦の勝利が自信になったのかな。以前のカウンター狙いの待ちのボクシングから完全に脱却しましたね。果敢に攻めて、ウェービングでキッチリ相手のパンチをかわすのも素晴らしかった。グチェレスが減量に失敗していたとはいえさすがです。

西岡もすごかった。序盤こそムニョスの大振りで積極的な攻めにやや苦戦しましたが、直進してくる相手にサイドに動いて右アッパーをコツコツ当てる戦略はさすが。ラフなスタイルの相手もきれいに捌いて仕留めましたね。試合前に左手痛めてたのは知りませんでした。それでもこの内容ですか、すごい。

長谷川は残念でした。ブルゴスと同様に、ジョニゴンでかい!リーチの差もあって、しかも自分より1回り以上大きな相手が丸まっているのだから、相当距離が遠く感じたはずです。やりにくそうなのがすごく分かりました。長谷川はFeでやる体がまだできていないと言われますが、私もこの点が一番大きな問題ではないかと思います。ウエイトはFeで合わせても、体幹の強さとパンチ力がFeのそれに追いついていない気がします。とりあえず今はゆっくり休んで欲しい。今日はお疲れ様。
反則あるある探検隊(巨人の堀内が嫌い)
2011/04/09 01:33
個人的には1階級下げて3階級目指してほしいけど
AもCも帝拳が独占しているからなぁ
名無し
2011/04/09 05:39
西岡は、丁寧に落ち着いて捌いたという感じ貫禄を感じました。
粟生は、パワーがついて自信も出てきた感じでした。
5回ぐらい防衛できるのでは

長谷川は、前回に続いて力で対抗しようとし雑なボクシングになってしまったなあっという印象を受けました。
バンタム時代の後半になまじ倒す感覚を掴んだ為か、正面から打ち合うシーンが多くなってしまいました。
バンタム級ならそれでも通用してましたが、流石に2階級上では無理があります。
多くの方が言ってるように、もっとスピード、テクニックを生かした従来のスタイルに戻さないとこの先は厳しそうです
(あくまで、現役続行すると仮定した上で)

ただ、戦前に本人は「打たせないで打つボクシング」いわゆる本来のボクシングをすると言ってました。
にもかかわらず、ああいう試合展開になってしまったことを考えると精神と肉体の間でズレが生じてきているのではないかとも感じました。
セロー
2011/04/09 08:35
西岡さん、ごめんなさい!私はベルト奪取した時、すぐチャンピオンから陥落すると思ってました。まさかこれほどのKO率で防衛するとは、あなたの左を甘く見ておりました。防衛おめでとうございます。 
粟生さん、チャンピオンとしての自信と自覚を持たれたのですね、見ていて頼もしかったですね。ただ素晴らしいカウンター技術を持っているだけに、自信が過信に自覚が慢心に変わらなければいいですね!初防衛おめでとうございます。
長谷川さん、残念でした。やはりその階級はやめた方がいいのではないのでしょうか?今回の試合はスピードとテクニックを見せると試合前に言ってたのに、蓋を開けて見たら前回とほぼ変わらずの試合展開じゃないですか!前半からムキになって打ち合って、皆が危惧していた通りの展開になってしまった。多分バンタムなら逆にKOできたんでしょうけど……
この後どうすんでしょうか?一階級下げるでしょうか?まだこの階級にこだわるんでしょうか(・・?)とりあえずお疲れ様です。ゆっくり休んでください。
ネロ
2011/04/09 11:38
打ち合いになったのは、ムキになったからだけじゃなく、リーチがあり懐の深いジョニゴン相手だと普通にやったら崩せないので、打ち合わざるをえなかったって感じだと思う。んで打ち合ってるうちにヒートアップしたんじゃないですかね。
どの階級であろうと、ここ3戦で右のガードが下がる悪癖が致命的になる事を露呈させてしまったのは痛いと思います。
ポポる
2011/04/09 14:22
長谷川…負けて残念とは思わない
負けるだろうと思ってた
なぜ?
口ばかり達者で、何かと言えばオカン
オカン病気死んでからも個人的なことを
あらゆるマスコミの前でピーチクパーチク、
解説までしやがる。黙っていろ
長谷川は精神的未熟児。
長谷川はダメヨ。

2011/04/10 09:51
石田選手が日本のボクシング史に残る快挙を達成しましたね。
本場ラスベガスのしかも世界中のボクサーが憧れるMGMでHBOのPPVがついた中、デラホーヤのGBPが一押ししてるスター選手を1RでKOしました。
北米中のボクシングファンが石田の名前を覚えたことでしょう。思えばSウェルターで暫定王者になった時から実力に疑問符をつけられファンがあまりつかなかった石田選手ですが、これで世界のビッグマッチ戦線にのる足がかりが出来ました。アメリカのメディアにも既に取り上げられてます。日本人ボクサーも捨てたもんじゃないですね。
ポポる
2011/04/10 21:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
長谷川穂積が初防衛に失敗(フェザー級では無理なのか・・・) TAKUの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる