TAKUの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 山中が大苦戦の末、WBC世界バンタム級王座防衛!

<<   作成日時 : 2015/09/23 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山中、V9達成!苦しみながらも2―1判定で“幽霊”退治

 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチが22日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者・山中慎介(32=帝拳)が同級2位アンセルモ・モレノ(30=パナマ)を2―1の判定で下し、9度目の防衛に成功した。日本ジム所属選手としては、具志堅用高(13回)、長谷川穂積と内山高志(10回)に続き、勇利アルバチャコフと並ぶ歴代4位タイの連続防衛記録となった。
 難敵を打ち破った。これまで通算39戦でKO負けはなく「神の目」と自負するディフェンス力で、スペイン語で「ファンタスマ」(幽霊)の異名を持つ前スーパー王者モレノに対し、序盤から冷静に攻めていった。
 4R終了後の採点は38―38、39―37、39―37とリード。相手のやっかいな右のジャブに手こずりながらも、5R以降はリズムよく的確なパンチで応戦。しかし8R終了後の採点では76―76、76―76、75―77と僅差ながらも逆転を許した。
  このジャッジで焦りが出たのか、9Rでモレノの強烈な右を受けグラつく場面も。それでも10Rに逆襲。「神の左」でついに相手をとらえると、モレノはたまらずクリンチでしのいだ。互いの闘志がぶつかり合った12R。死力を尽くした激闘は113―115、115―113、115―113の2―1判定で王者・山中が勝利をつかんだ。
 通算成績は山中が26戦24勝17KO2分け、モレノが40戦35勝12KO4敗1分け。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00000122-spnannex-fight&pos=1


いや〜大苦戦だった・・・

そう簡単な相手じゃないことはやる前から分かっていたけど、ここまで苦戦するとは正直思わなかった。

それにしてもモレノは前スーパー王者だけあって上手かったねぇ。

山中の左を封じ込んで主導権を握らせなかったのはさすが!

特に8、9Rあたりになった時は、こりゃ山中ヤバイんじゃないかと思ったほど。

ただ10R以降なりふり構わず攻めにいっていたのと、ホームであるのとを考えて山中が1〜2ポイント上回っているかドローかなって最後は思ったけどね。

可哀想だけどモレノに関しては戦いぶりが王者という感じで、挑戦者でなおかつ敵地であることを考えるともっと攻めないといけなかっただろうね。

というわけで山中の防衛は嬉しいんだけど、できれば再戦してハッキリした結果を出してほしいよねぇ。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山中が大苦戦の末、WBC世界バンタム級王座防衛! TAKUの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる